株式会社アルモニコス

閉じる

コピー金型

spScanを使用したリバースエンジニアリングの事例を紹介します。

コピー金型製作

コピー金型

用途 金型仕上げ形状のフィードバック(金型コピー)
課題 コピー型を作成する場合に、1番型の最終形状が 金型CADデータに反映されていないため、コピー型作成でも金型修正作業が必要になっていた。
効果 量産準備期間の短縮:修正回数 6 回→ 2 回(型合わせ+他の形状変更フォロー)
コスト削減    : 65 %off

切刃鋼材(トリム型)リバースイメージ (予備パーツ製作、破損型再製作)

コピー金型

リバース面精度
測定点群STLとリバース曲面の誤差カラーマップ例

コピー金型

切刃部のリバースが可能
・角出し可能
・加工方向に形状作成可能

前のページへ

pagetop