株式会社アルモニコス

閉じる

金型見込み形状作成

spScanを使用したリバースエンジニアリングの事例を紹介します。

金型見込み形状作成

金型見込み形状作成

用途 設計段階の見込み形状をCADデータ化(スプリングバック)
課題 シミュレーションソフトから出力される解析データから設計CADで見込み形状のモデリングをする工数がかかっていた。
効果 金型CAD設計期間の短縮。

前のページへ

pagetop