株式会社アルモニコス

閉じる

  • HOME
  • PRODUCTS
  • 現物製品を解析に利用

現物製品を解析に利用

spScanを使用したリバースエンジニアリングの事例を紹介します。

現物製品を解析に利用

現物製品を解析に利用

用途 現物製品形状のCADデータ化
アセンブリ、強度解析、熱解析、他社製品の解析
課題 現物製品形状のモデリングに時間が掛かる。
CADモデリングでは精度を保持できない。
効果 品質向上、開発期間の短縮

前のページへ

pagetop