株式会社アルモニコス

閉じる

採用情報 先輩紹介

Yoshihara Chihiro

Yoshihara Chihiro


  • 点群処理開発部 所属
  • ・2011年4月入社
  • ・京都大学大学院
    情報学研究科
    システム科学専攻
    修士課程修了

これが私の仕事!

現在、汎用CADソフトのカスタマイズ機能の開発と、自社のフレームワークを使用した専用システムを開発しています。

まず、カスタマイズ機能の開発には、大学時代から扱っていたC言語を使っています。お客様のご要望をお聞きしたうえで、より効率良く作業することができる便利な機能を開発しています。 開発期間は1コマンドにつき1~2ヶ月と短いので、スケジュールをしっかり立てて遅れを出さないようにしなければいけませんが、成果物の提出が早い分、お客様からの声をすぐに聞くことができ、やりがいがあります。

他方、自社フレームワークを使用した開発では、入社後に始めたC++を使っています。こちらは開発期間が長めなので、プログラムの設計をより良いものにすることに集中しています。 先輩方に教えていただきながら、お客様はもちろんのこと、共同開発者にとっても使いやすいものを作る技術力を磨こうと頑張っています。
また、大きいプロジェクトなので、自分が大きな仕事の一翼を担えることにやりがいを感じています。

入社を決めた理由は?

きれいごとで繕わない、等身大の姿を評価してもらえると感じました。
アルモニコスとの出会いは、1枚のダイレクトメールでした。そこに載っていた入社試験の過去の問題と初任給に興味を持ったことが始まりです。現実主義的な試験方法にも惹かれました。
私自身を正当に評価してくれたことは嬉しかったですね。

ある1日のスケジュール

[ 9:30~10:00 ]
 出社
 朝は家でゆっくりしてから出社するようにしています。

[ 10:00~10:30 ]
 ミーティング
 携わっているプロジェクトの進捗状況の確認や、
 次に必要となる業務について打ち合わせをします。

[ 10:30~12:00 ]
 開発
 新機能の仕様検討や、不具合の修正などを行います。
 昼食前に、コンピュータに重めの計算を託します。
 効率的なスケジューリングの方法もアドバイスしてもらいます。

[ 12:00~13:00 ]
 昼食
 週に1度、先輩や後輩たちと外食をします。
 業務の話から多愛のない話まで楽しく会話しています。

[ 13:00~13:10 ]
 歯磨き+散歩
 勤務先のRDセンターは自然豊かな所にあるので、
 集中するにも気分転換をするにも最高の場所です。

[ 13:10~15:00 ]
 開発
 午前中にコンピュータに託していた計算結果を元に、
 開発の続きを行います。ただ打つだけではなく、後で修正しやすく、
 かつ読みやすいコードになるように心がけています。
 分からないことも多いので、先輩に相談する時間が1/4を占めます。

[ 15:00~17:00 ]
 グループミーティング
 担当しているパッケージソフトの今後の方向性や、
 現在の課題について議論し合います。若手でも気付いたことが
 真当であれば意見を取り入れてもらえる風潮があります。

[ 17:00~18:00 ]
 開発
 細切れの時間でどれだけコードを打てるかが勝負かもしれません。

[ 18:00~19:00 ]
 勉強会
 現在は最適化系の勉強会を行っています。
 入社前は、大学時代にかじった分野が業務に直結することになるとは
 思いもしませんでした。

[ 19:00 ]
 帰宅
 自炊派なので、スーパーによってから帰ります。

将来の目標は...

優れた技術者を見抜くことができるマネージャになりたいです。
まずは技術者としてお客様に喜んでもらえるもの、ひいては世の中に貢献できるものを作り続け、さらには世の中の潮流を引っ張っていけるようなものを考えて創り出したいです。
IT業界ではアイディアが山のように転がっているので、いかにそれを魅力的に見せるか、使いやすいものを提供できるかが、鍵だと思います。人々が幸せになれるものを魅力的に作る。 それを引っ張っていけるような人になりたいです。

私からのアドバイス

1番やってほしいことは、「複数の社員の方と直接話をすること」です。
行く先々で社員の方をつかまえて話をしてください。就職に有利になるからという理由で勧めているのではなく、自分の求めている会社かどうかを見極めるために勧めているのです。 数時間の説明会だけでは実業務のすべてを説明することはできません。1対1の会話で得られる情報はたくさんあります。
また、自分のコアにある大切なものが企業と一致していれば、「がんばれる」と思います。いいことずくめの企業は存在しません。是非、あなたが1番「がんばれる」企業を見つけてください。

pagetop