• HOME
  • NEWS
  • バラスト水管理条約が2017年9月8日に発効

NEWS

2016.09.20 | お知らせ

バラスト水管理条約が2017年9月8日に発効

2016年9月8日に、フィンランドがバラスト水管理条約を批准したことにより、同条約の発効要件を満たしました。

船舶のバラスト水の移送により有害な水生生物等が移動し、海洋生態系へ悪影響を及ぼすことが問題視されています。バラスト水管理条約は、船舶のバラスト水に関する規制や管理を行うための国際条約として2004年に採択されました。
条約が発効することにより、バラスト水処理装置の使用が順次義務付けされます。
※ ClassNK-PEERLESSは、バラスト水処理装置の搭載設計を行うことを目的に開発がスタートしました。

ニュースの一覧へ戻る

pagetop