• HOME
  • PRODUCTS
  • 配置位置や搬入方法の検討|ClassNK-PEERLESS

配置位置や搬入方法の検討|ClassNK-PEERLESS

ClassNK-PEERLESSの活用例を紹介します。

ClassNK-PEERLESSはバラスト水処理装置の搭載工事を効率化します。

配置位置や搬入方法の検討|ClassNK-PEERLESS

用途 バラスト水処理装置の配置位置、搬入方法の検討で活用。
課題 機器の配置計画の段階では、以下のケースの検討をします。
・配置予定付近で既存設備と機器が干渉しているか
・既存設備や機器のメンテナンススペースが確保できるか
・配置予定場所までの搬入が干渉なくできるか
過去図面や現場での手計測の結果を使って検討する場合は、精度の高い検証が難しいと言われています。
・計測漏れ
・図面と実物の差があること/手計測の精度が高くないこと
このことから実際の取り付け時に現場で調整する必要があります。
効果 静的干渉チェックを使い、既存設備と機器の干渉やメンテナンススペースの確認ができる。(既存設備と機器との位置関係の把握)
動的干渉チェックを使い、機器を動かしたときに既存設備と干渉する部分が可視化される。(搬入経路の検討)

前のページへ

pagetop