株式会社アルモニコス

閉じる

CLOSE

株式会社アルモニコス

spGate

CAD/CAM/CAE/CATのプロセス連繋を強力にサポートするツール

spGateは、様々な3次元CADデータを変換できるだけでなく、不具合検証、品質改善、プロセスに適応したデータ修正など、プロセス間連繋を強力にサポートするツールです。

spGate

3次元データ入出力(トランスレータ)

spGate

CATIA V5、NX、Creo(Pro/E)、Alias、Rhinocerosの3Dネイティブファイル、及び、IGES、JAMA-IS、STEP、Parasolid、ACIS、STL、OBJを標準実装しています。spGateは、世の中で流通しているほとんどの3次元CADデータに対応するマルチトランスレータです。
>> 3次元データ入出力(トランスレータ)の詳細はこちら

不具合チェック

spGate

JAMA(日本自動車工業会)・JAPIA(日本自動車部品工業会)で制定したPDQ(Product Data Quality:モデルデータ品質)ガイドラインに沿った検証を行います。
また、spGate独自の不具合チェック項目もあります。様々な不具合チェックパターンを構築し、使い分けてご利用頂けます。

不具合修正(ヒーリング)

自動ヒーリング機能により、軽度な不具合モデルは自動修正されます。修正方法が一意に決定せず、オペレータの判断が必要な場合には、チェック機能を使って不具合箇所を検出し、手動で修正します。

spGate

軽度な不具合は自動で修正できます。

spGate

重度な不具合は手動で修正します。
修正が不可能な場合、不具合のある曲面を削除し、隣接面と接線連続の曲面を新しく作成することが可能です。

形状簡略化

フィレットの形状簡略化、C面(チャンファ)の形状簡略化、さらには微小形状簡略化など、効率的な解析モデルを作成するための機能が多数搭載されています。 CADシステムが苦手な部分フィレットの形状簡略化も可能です。

単純なフィレットやコーナーフィレットなどは、半径値を指定して自動で除去が可能です。

spGate

自動で削除が難しい複雑なフィレット形状部は、段階的に削除することで形状簡略化が可能です。CADシステムとは異なり、作業過程で隙間や穴が生じても問題ありません。

spGate

面取りされた形状部(円錐、平面)は、角度指定することで自動で認識・除去が可能です。

spGate

不要なボス形状や切り欠き形状は、範囲指定することで除去可能です。

設変チェック(形状比較)

設計変更前後のCADモデルを読み込み、形状の変更箇所(穴位置変更・ボス位置変更・フィレット半径値変更・抜きテーパ有無…)を階調表示により詳しく確認できます。
>> 設変チェック(形状比較)の詳細はこちら

形状認識

CADモデルにおける「フィレット半径」「テーパー」「穴径」「平面高さ」「板厚」「幾何曲面」を瞬時に形状認識し、自動で色分けします。

spGate

抜き方向を指定することで、角度別に自動で色分けします。

spGate

すべてのフィレット面を自動で色分けします。

spGate

すべての穴径を計算し、自動で色分けします。

spGate

基準となる平面を指定することで、平行なすべての面を認識し、自動で色分けします。

spGate

平行な平面を板厚別に自動で色分けします。

spGate

モデル内の幾何曲面(平面、円錐面、円柱面、球面、トーラス面、自由曲面)を自動で色分けします。

陰面除去

任意の方向から見て隠れた(見えない)面を瞬時に削除する機能です。 約1万面のデータでも数秒で陰面除去できます。CADデータの大幅な軽量化により、CG用モデルのレンダリング時間短縮や社外へ持ち出すデータの機密を確保することができます。

2D展開

3D曲面の外周輪郭を2D展開する機能です。
バイクのカウルに貼るデカール(グラフィック・ストライプ)デザインや3次元曲面上のロゴシール製作など、幅広い分野でご利用頂けます。
伸縮箇所を抑制したり、最終的な伸縮状態を階調表示によりシミュレーションしたりすることもできます。
2D展開した輪郭データは、IGESDXFで出力可能です。

フェース方向揃え

ソリッドではないバラバラの面群モデルに対して、外側をおもて面に自動設定します。CGレンダリングや検査の前処理に、フェース方向揃えをご利用下さい。

平面自動結合

spGate

解析モデルなど、多数に分割された平面形状を自動結合できますので、大幅な面数削減が可能です。

ポリゴン編集

STLやOBJファイルを読み込み、様々なポリゴン編集(穴埋め、間引き、スムージング、部分削除…)が可能です。 
ポリゴンデータと曲面データを同時に扱えますので、ポリゴン形状を曲面できれいに分割することもできます。
spGateでは、問題を抱えたポリゴンデータを修正し、きれいなポリゴンデータとして出力します。
ポリゴンデータを曲面化したい場合には、リバースエンジニアリングソフトが必要です。「spScan」をご検討下さい。

spGate

単純に穴部分を埋めるだけでなく、周辺のポリゴン曲率を参照したり、仮想曲面を内部的に作成したうえで埋めたり、さまざまな補間方法があります。

spGate

指定した間引き率で、選択されたポリゴンを間引きます。

spGate

ポリゴンデータ(STL)と曲面データ(IGES,STEP...)を同時に取り込み、ポリゴンデータを曲面で分割します。

spGate

ポリゴンの曲率半径を色分けすることで、形状の歪みを簡単に検出できます。
任意位置の曲率半径をメモ表示することも可能です。

動作環境

対応OS Windows 10 Pro (64bit)
Windows 8.1 Pro (64bit)
Windows 7 Professional/Ultimate (32/64bit)

*フローティングライセンスサーバ
Windows 10 Pro (64bit)
Windows 8.1 Pro (64bit)
Windows 7 Professional/Ultimate (32/64bit)
Windows Server 2012 R2 Standard (64bit)
Windows Server 2008 R2 Standard SP1 (64bit)
CPU Intel Core i7 以上 推奨
メモリ 32bit: 2GB 以上 推奨
64bit: 8GB 以上 推奨
ハードディスク 空き容量 10GB 以上推奨
ディスプレイ 1280×1024ドット以上
グラフィックボード OpenGL対応ボード
推奨 : NVIDIA Quadroシリーズ
必要な装置 USBポート(プロテクトキー装着の為)
DVD-ROMドライブ(システムインストールの為)
※ Microsoft, Windows, Windows Server, Windows 10、Windows 8.1、Windows 7 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Intel、Intel Coreは、Intel Corporationの米国およびまたはその他の国における登録商標です。
※ OpenGLは、米Silicon Graphics, Inc.の登録商標です。
※ NVIDIA、Quadroは、NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

pagetop