spGate 製品概要  基本機能  特徴  入出力仕様  動作環境  価格  アップグレード情報  リリーススケジュール 関連製品  spGate-Auto-Batch  spGate-Auto  spGate-Viewer サポート  評価版  ベンチマーク  デモ  講習会  ダウンロード FAQ お問い合せ お客様の声(要望登録) 販売代理店/パートナー

HOME > 製品 > spGate

入出力仕様 2015.1

 インポート    エクスポート    入出力仕様のPDFダウンロード



インポート仕様(読み込み)

赤字は拡張機能、橙字は注意点)
システム バージョン 拡張子 注記
CATIA V5R6〜V5-6R2013(R23) CATPart,
CATProduct
・ファイル名に日本語(2バイト文字)が含まれているとインポートすることができません。
V4.1.x〜V4.2.x model ・推奨インポートファイル
EXP ・複数の「model」ファイルが入った「exp」データをインポートすると全ての「model」ファイルが同時に読込まれてしまいます。
「exp」データはなるべく「1model」の状態で作成し、インポートして下さい。
CATEXP
NX (UG) V11〜NX9 prt  
Creo
(Pro/E)
V16〜Creo2.0 prt, prt*,
asm, asm*
Rhinoceros 2.0〜5.0 3dm
Alias
(StudioTools)
13.0〜2014 wire [前提条件]
・32bit OSの場合は、ローカルマシンにAlias (StudioTools) 13.0以降の正式版がインストールされていること。
・64bit OSの場合は、ローカルマシンにAliasStudio 2009 (64bit)以降の正式版がインストールされていること。

・ファイル名及びファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれているとインポートすることができません。
Parasolid 12.0〜26.0 x_t, xmt_txt,
x_b, xmt_bin
ACIS R24 sat
IGES 〜V5.3 igs, iges
STEP AP203, AP214 stp, step アセンブリデータの場合、ファイルは単一アセンブリファイルのみインポート可能です。
spScan V2.6〜2013.1 scands2
DS gateds,ds
STL stl ポリゴンデータとして各種編集処理(穴埋め、スムージング、間引き、etc...)後、STLやOBJファイルとしてエクスポートします。
※1
OBJ obj ポリゴンデータとして各種編集処理(穴埋め、スムージング、間引き、etc...)後、STLやOBJファイルとしてエクスポートします。
※1
SOLIDWORKS
※オプション
98〜2014 sldprt,
sldasm
・オプション(有償)対応
・専用プロテクトキーが必要(既存ユーザは交換)。専用プロテクトキーでは、spGate V6.0以前のシステムは起動不可。
JT
※オプション
8.1, 9.0, 9.1 jt ・オプション(有償)対応
・専用プロテクトキーが必要(既存ユーザは交換)。専用プロテクトキーでは、spGate V6.0以前のシステムは起動不可。

・ファイル名及びファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれているとインポートすることができません。

※1 ポリゴンデータの曲面化(リバースエンジニアリング)をご希望の場合は、spScanをご利用下さい。



エクスポート仕様(書き出し)

システム バージョン 拡張子 注記
CATIA V5R6〜V5-6R2013(R23) CATPart ・ファイル名に日本語(2バイト文字)が含まれているとエクスポートすることができません。
V4.1.9 model
NX (UG) × -- ・エクスポート不可。Parasolid(x_t,x_b)で対応して下さい。
Creo
(Pro/E)
× -- ・エクスポート不可。IGESまたはSTEPで対応して下さい。(STEPを推奨)
Rhinoceros 3.0〜5.0 3dm
Alias
(StudioTools)
13.0〜2014 wire [前提条件]
・32bit OSの場合は、ローカルマシンにAlias (StudioTools) 13.0以降の正式版がインストールされていること。
・64bit OSの場合は、ローカルマシンにAliasStudio 2009 (64bit)以降の正式版がインストールされていること。

・出力されるAlias (StudioTools)ファイルのバージョンはインストールされているAlias (StudioTools)のバージョンに依存します。
・ファイル名及びファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれているとエクスポートすることができません。
Maya V8.0 ma
CAM-TOOL V6.2 gmd
Parasolid 13 x_t, x_b
ACIS R24 sat
IGES V5.3 igs
STEP AP203, AP214 stp
spGauge 2013.1 gaugeds, gaugedsz ・spGauge 2013.1より古いspGaugeをご利用の場合、spGate 2015.1から出力したgaugeds及びgaugedszを開くことはできません。
・spGaugeDSの出力を行なうにはAdministratorの権限を持ったユーザでマシンにログインして下さい。
・DS-Clipboardをご使用の場合は、必ず最新spGateインストーラ内のDS-ClipServerをインストールして下さい。
・PMIオプションをご利用の場合は、gaugeds保存をご利用下さい。
spScan 2013.1 scands2 ・spGate 2015.1から出力されるspScan形式のファイル(*.scands2)はspScan 2013.1以降で利用可能です。
・spScan 2013.1より前ではインポートすることができませんのでご注意ください。
DS -- gateds,ds
STL -- stl ・バイナリ出力に対応しております。
・出力精度の指定が可能です。
OBJ -- obj ・出力精度の指定が可能です。
JT
※オプション
8.1 jt ・オプション(有償)対応
・専用プロテクトキーが必要(既存ユーザは交換)。専用プロテクトキーでは、spGate V6.0以前のシステムは起動不可。

・ファイル名及びファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれているとエクスポートすることができません。
spGateViewer 2012.1 gateviewer

アセンブリ出力(単一ファイル)に対応しているのは、Parasolid/STEP/JT/IGES/spGate-Viewerです。
(JTのみ複数ファイル指定可能)
-------------------------------------------------
※I-deasの入出力対応はspGate2010.2までとなります。
※ThinkDesignの入出力対応はspGate2013.1までとなります。



入出力仕様のPDFダウンロード

spGate 2015.1の入出力仕様をダウンロード
(PDF形式 105KB)

Adobe® Acrobat Reader® のダウンロードはこちらからどうぞ。


 

お問い合せ | プライバシー・ポリシー Copyright (C) Armonicos Co., Ltd. All rights reserved.