spGate 製品概要  基本機能  特徴  入出力仕様  動作環境  価格  アップグレード情報  リリーススケジュール 関連製品  spGate-Auto-Batch  spGate-Auto  spGate-Viewer サポート  評価版  ベンチマーク  デモ  講習会  ダウンロード FAQ お問い合せ お客様の声(要望登録) 販売代理店/パートナー

HOME > 製品 > spGate

入出力仕様 2013.2

 インポート    エクスポート    入出力仕様のPDFダウンロード



インポート仕様(読み込み)

赤字は拡張機能、橙字は注意点)
システム バージョン 拡張子 注記
CATIA V5R6〜R23 CATPart,
CATProduct
・ファイル名に日本語(2バイト文字)が含まれているとインポートすることができません。
V4.1.x〜V4.2.x model ・推奨インポートファイル
EXP ・複数の「model」ファイルが入った「exp」データをインポートすると全ての「model」ファイルが同時に読込まれてしまいます。
「exp」データはなるべく「1model」の状態で作成し、インポートして下さい。
CATEXP
NX (UG) V11〜NX8.5 prt  
Creo
(Pro/E)
V16〜Creo2.0 prt, prt*,
asm, asm*
Rhinoceros 2.0〜5.0 3dm
Alias
(StudioTools)
13.0〜2013 wire ・ローカルマシンにAlias (StudioTools) 13.0以降の正式版がインストールされていること。
・64bit OSの場合は、ローカルマシンにAliasStudio 2009 (64bit)以降の正式版がインストールされていること。

・ファイル名及びファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれているとインポートすることができません。
Parasolid 12.0〜25.0 x_t, xmt_txt,
x_b, xmt_bin
ACIS 〜R23 sat
IGES 〜V5.3 igs, iges
STEP AP203, AP214 stp, step アセンブリデータの場合、ファイルは単一アセンブリファイルのみインポート可能です。
spScan V2.6〜2013.1 scands2
DS gateds,ds
STL stl ポリゴンデータとして各種編集処理(穴埋め、スムージング、間引き、etc...)後、STLやOBJファイルとしてエクスポートします。
※1
OBJ obj ポリゴンデータとして各種編集処理(穴埋め、スムージング、間引き、etc...)後、STLやOBJファイルとしてエクスポートします。
※1
SOLIDWORKS
※オプション
98〜2013 sldprt,
sldasm
・オプション(有償)対応
・専用プロテクトキーが必要(既存ユーザは交換)。専用プロテクトキーでは、spGate V6.0以前のシステムは起動不可。
JT
※オプション
8.1, 9.0, 9.1 jt ・オプション(有償)対応
・専用プロテクトキーが必要(既存ユーザは交換)。専用プロテクトキーでは、spGate V6.0以前のシステムは起動不可。

・ファイル名及びファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれているとインポートすることができません。

※1 ポリゴンデータの曲面化(リバースエンジニアリング)をご希望の場合は、spScanをご利用下さい。



エクスポート仕様(書き出し)

システム バージョン 拡張子 注記
CATIA V5R6〜R23 CATPart ・ファイル名に日本語(2バイト文字)が含まれているとエクスポートすることができません。
V4.1.9 model
NX (UG) × -- ・エクスポート不可。Parasolid(x_t,x_b)で対応して下さい。
Creo
(Pro/E)
× -- ・エクスポート不可。IGESまたはSTEPで対応して下さい。(STEPを推奨)
Rhinoceros 3.0〜5.0 3dm
Alias
(StudioTools)
13.0〜2013 wire ・ローカルマシンにAlias (StudioTools) 13.0以降の正式版がインストールされていること。
・64bit OSの場合は、ローカルマシンにAliasStudio 2009 (64bit)以降の正式版がインストールされていること。

・出力されるAlias (StudioTools)ファイルのバージョンはインストールされているAlias (StudioTools)のバージョンに依存します。
・ファイル名及びファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれているとエクスポートすることができません。
Maya V8.0 ma
CAM-TOOL V6.2 gmd
Parasolid V12.0〜25.0 x_t, x_b
ACIS 〜R23 sat
IGES V5.3 igs
STEP AP203, AP214 stp
spGauge 2013.1 gaugeds, gaugedsz ・spGauge 2013.1より古いspGaugeをご利用の場合、spGate 2013.2から出力したgaugeds及びgaugedszを開くことはできません。
・spGaugeDSの出力を行なうにはAdministratorの権限を持ったユーザでマシンにログインして下さい。
・DS-Clipboardをご使用の場合は、必ず最新spGateインストーラ内のDS-ClipServerをインストールして下さい。
・PMIオプションをご利用の場合は、gaugeds保存をご利用下さい。
spScan 2013.1 scands2 ・spGate 2013.1から出力されるspScan形式のファイル(*.scands2)はspScan 2013.1以降で利用可能です。
・spScan 2013.1より前ではインポートすることができませんのでご注意ください。
DS -- gateds,ds
STL -- stl ・バイナリ出力に対応しております。
・出力精度の指定が可能です。
OBJ -- obj ・出力精度の指定が可能です。
JT
※オプション
8.1 jt ・オプション(有償)対応
・専用プロテクトキーが必要(既存ユーザは交換)。専用プロテクトキーでは、spGate V6.0以前のシステムは起動不可。

・ファイル名及びファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれているとエクスポートすることができません。
spGateViewer 2012.1 gateviewer

アセンブリ出力(単一ファイル)に対応しているのは、Parasolid/STEP/JTです。
(JTのみ複数ファイル指定可能)





入出力仕様のPDFダウンロード

spGate 2013.2の入出力仕様をダウンロード
(PDF形式 47KB)

Adobe® Acrobat Reader® のダウンロードはこちらからどうぞ。


 

お問い合せ | プライバシー・ポリシー Copyright (C) Armonicos Co., Ltd. All rights reserved.