株式会社アルモニコス

閉じる

破損金型の修復

spScanを使用したリバースエンジニアリングの事例を紹介します。

破損金型の修復

破損金型の修復

用途 量産中の破損金型の現状修復
課題 設計金型3Dデータはあるが、量産時に調整された形状が3Dデータに反映されていない。
効果 現状金型素性での再製作。
金型の再製作期間の短縮。

前のページへ

pagetop