• HOME
  • NEWS
  • 「航空機産業参入研究会 評価・検査分科会 三次元形状評価の基礎と応用セミナー」にて講演します (2019/11/26)

NEWS

2019.10.30 | 展示会・セミナー

「航空機産業参入研究会 評価・検査分科会 三次元形状評価の基礎と応用セミナー」にて講演します (2019/11/26)

2019年11月26日(火)13:30~16:30、新潟県工業技術総合研究所で開催される「航空機産業参入研究会 評価・検査分科会 三次元形状評価の基礎と応用セミナー」にて、当社社員が下記の題目にて講師を務めます。

<セミナー② 3Dスキャナ等、非接触型三次元測定機コース>
【テーマ】
非接触三次元計測技術・点群データの基礎と 製品検査およびリバースエンジニアリングへの活用ポイント
【講師】
株式会社アルモニコス 木戸 康久

工業製品の検査工程における短納期と品質保証の両方を実現する方法として、高精度化したCCDカメラ方式やレーザー方式、産業用CTスキャナなどの非接触測定機と3次元設計CADデータを利用することにより、従来の検査手法とは全く異なる圧倒的に効率化された製品検査の方法を紹介します。
また、非接触測定点群データや解析データを利用し、金型CADデータや製品CADデータ、見込み形状を作成するリバースエンジニアリングを紹介します。

ご興味のある方はぜひこの機会にご参加ください。

【セミナー詳細 及び 申込方法】
参加費無料です。
参加ご希望の方は、公式サイトをご参照ください。
http://www.iri.pref.niigata.jp/news/H31/31new24.html

開催日 2019年11月26日(火) 13:30 ~ 16:30 受付13:00~
テーマ 非接触三次元計測技術・点群データの基礎と 製品検査およびリバースエンジニアリングへの活用ポイント
1. 接触測定機から非接触測定機へ
2. 三次元 CAD データと非接触測定点群データの活用
 ①検査技術への活用とメリット、活用例
 ②リバースエンジニアリングへの活用
3. 非接触測定検査の今後
場所 新潟県工業技術総合研究所
(〒950-0915 新潟県新潟市中央区鐙西1-11-1)

ニュースの一覧へ戻る

pagetop