NEWSニュース

HOME > ニュース > SDGs 目標15に基づく野鳥保護対策の取り組みに関するお知らせ

2024/03/28お知らせ

SDGs 目標15に基づく野鳥保護対策の取り組みに関するお知らせ

近年、弊社R&Dセンター社屋にて野鳥が窓ガラスに激突し、犠牲になる事故が増加しております。
この問題に対処するため、猛禽類の眼のシールや模型の設置、建物に緑を這わせるなど、様々な対策を検討しましたが、それぞれに課題がありました。また、SDGsの観点から、持続可能な地球環境の実現に向け、最適な解決策を模索してまいりました。

現在、弊社では新たな取り組みとして、スモークフィルムの貼付を試行しています。
1階の窓に複数パターンのフィルムを貼り、内外からの見栄えと効果を検証中です。このフィルムの貼付により、ミラーガラスの美しさが損なわれ、建物全体の美観に影響が及ぶことになりそうですが、SDGs 目標15に掲げられた陸の生態系保護に向け、野鳥の安全を優先していきます。

弊社は、地域社会と共に課題解決に取り組む姿勢を大切にし、今後も様々なアプローチを試み、より良い環境を実現してまいります。


SDGs目標15 陸の豊かさも守ろう

ターゲット15-5:自然の生息地がおとろえることをおさえ、生物の多様性が損なわれないようにし、2020年までに、絶滅が心配されている生物を保護し、絶滅を防ぐため、緊急に対策をとる。