株式会社アルモニコス

閉じる

  • HOME
  • SOLUTION
  • 車両走行情報自動収集・分析システム

車両走行情報自動収集・分析システム

3次元地図上でデータ表示

人工衛星にて収集した自動車走行データを3次元地図上に表示する。
業務 : 解析・シミュレーション
機能 : ビューワ

車両走行情報自動収集・分析システム

キーワード 3次元地図
自動車走行データ
走行状況の可視化
人工衛星
渋滞調査
用途 人工衛星を利用して収集した自動車の走行状況のデータ(時刻、位置など)を3次元地図上で可視化し、渋滞状況の調査、分析に使用する。
課題 従来の交通量調査はある地点での車両台数の計測結果であるため、自動車の実際の速度に基づいた分析ができなかった。
効果 単純なデータ(時刻と位置)から自動車の走行ルートやある地点での速度、加速度を自動的に求めることが可能。
将来的には、それらを集計し、経年変化を見ることで、より詳細な交通状況の実態調査が可能となることが見込まれている。

前のページへ

pagetop