自由曲線から美的曲線へ

工業製品の意匠設計フロー

自由曲線から美的曲線へ

2の作業で作成された曲線は、CADシステム内ではNURBS(Non-Uniform Rational B-Spline)という数式で表現されており、曲率変化の制御は容易ではありません。
アルモニコスでは、人間が美しいと感じる曲線=「美的曲線」を導入し、デザイナーが決めた線に最も近い「美的曲線」を定義する研究を進めています。

NURBS曲線を美的曲線に近似変換

自由曲線から美的曲線へ

曲率が捩れ、振動するNURBS曲線 → 美的曲線近似

研究担当

点群処理開発部 穆凱圓
横浜国立大学大学院工学府システム統合工学専攻博士前期(修士)課程修了。修士論文は「Isogeometric analysis of shell models with accurate curvatures represented by B-spline surfaces」。
入社以来、点群、ポリゴンメッシュ、曲線・曲面関連の仕事に従事。アルモニコス製検査ソフトspGaugeの開発を中心として活躍。2018年からは同社製リバースソフトspScanの開発を新しい舞台に。

pagetop