美的曲線

チョウ(蝶)の羽や名刀と呼ばれる日本刀の刃先、アンモナイトの渦巻きなど、人間が「美しい」と判断する曲線を1つの数式で当てはめることができます。それを「美的曲線」といいます。この美的曲線を工業デザインに活用するため、数式で表現する研究が大学研究機関で進められています。
この研究成果をアルモニコスの製品に搭載する予定です。

美的曲線

美的曲線定義式

美的曲線

「美的曲線」とは、「対数型美的曲線」を指します。
曲率半径をρ
曲線長をs
とすると、左のような式となります。

対数型美的曲線は、曲率変化が単調であり、曲率対数グラフが直線となることがわかっています。

横浜国立大学 前川卓 教授、静岡大学 三浦憲二郎 教授の「美的曲線」に関する研究成果を勉強させていただいています。

研究担当

点群処理開発部 穆凱圓
横浜国立大学大学院工学府システム統合工学専攻博士前期(修士)課程修了。修士論文は「Isogeometric analysis of shell models with accurate curvatures represented by B-spline surfaces」。
入社以来、点群、ポリゴンメッシュ、曲線・曲面関連の仕事に従事。アルモニコス製検査ソフトspGaugeの開発を中心として活躍。2018年からは同社製リバースソフトspScanの開発を新しい舞台に。

pagetop