• HOME
  • LABORATORY
  • 曲面フェアリング(円環ハイライト)

曲面フェアリング(円環ハイライト)

曲面に投影した円形ハイライト線により、滑らかな曲面に変形

横浜国立大学 理工学部 機械・材料・海洋系学科 前川卓教授の研究「円形ハイライト線によるB-Spline曲面のフェアリング」を、ものづくりの設計現場で使用されている実モデルに対して適用するための研究をしています。

B-Spline曲面の指定範囲における法線ベクトルを制御することにより、曲面形状を滑らかに(フェアリング)します。

曲面フェアリング(円環ハイライト)

円環光源を曲面に投影し、曲面の状態を確認します。滑らかな曲面は、投影した曲線も滑らかな形状になります。
投影曲線の中で、細かい振動(凸凹)や異形(突起)を持つ範囲を指示することにより、指示された範囲の投影曲線がより滑らかになるように曲面を変形させます。

アルモニコスでは、大学や研究機関とのパートナーシップで、知的資源を社会へ生かす研究開発に積極的に取り組んでいます。

研究担当

新アイテム開発部 神谷尚史
2014年 名古屋大学大学院 情報科学研究科 計算機数理科学専攻 修士課程修了。同年(株)アルモニコス入社。
入社後はspScanの開発に携わり、現在はClassNK-PEERLESSの開発に携わる。
趣味は読書、アニメ、ゲーム。

pagetop