HOME > spGate > 3次元CADに幅広く対応したオールインワンツール

機能

3次元CADに幅広く対応したオールインワンツール

取引先から受け取った3次元CADデータが読み込めず、困ったことはありませんか?

spGateはあらゆる形式の3次元CADデータに標準対応しています。

  • 自動車メーカーや家電メーカーで主流のCATIA、NX、Creo
  • デザイン部門で使用するALIAS、Rhinoceros、Maya
  • 加工部門で使用するCAM-TOOL
  • 中間ファイルのIGES、JAMA-IS、STEP
  • カーネルファイルのParasolid、ACIS
  • ポリゴンデータのSTL、OBJ

必要なフォーマットがすべて搭載されているため、新しい取引先のデータ形式に合わせて高価なオプションを購入する必要がありません。

コストパフォーマンスに優れたデータ変換ツールです。

spGateの入出力形式

3次元CADデータはいくつかの種類に分かれます。「CADネイティブファイル」、「中間ファイル」、「カーネルファイル」。また、図形要素で分類すると「曲面」、「ポリゴン」。

spGateは標準で下記の3次元CADデータにオールインワン対応しています。

曲面

  • CADネイティブファイル
    • CATIA
    • NX
    • Creo
    • ALIAS
    • spGauge
    • spScan
    • CAM-TOOL
    • Rhinoceros
  • 中間ファイル
    • IGES
    • JAMA-IS
    • STEP
    • CFIO
    • Maya
  • カーネルファイル
    • Parasolid
    • ACIS

ポリゴン

  • STL
  • OBJ

制限事項に関しては、こちらのページのPDFをご確認下さい。

主なCADシステムのトランスレータは標準でどこまで対応しているのか?

標準で読み込みできる3次元CADデータは、CADシステムによって大きく異なります。一般的にCADシステムでは、標準対応していないデータを受け取る場合、別途Readerオプションを追加する必要があります。

CAD名標準で読み込みできる3次元データ
CATIAIGES
NXIGES、STEP、Parasolid、SOLIDWORKS、Solid Edge、JT、STL
CreoIGES、STEP、Parasolid、ACIS、NX、Inventer、Rhinoceros、STL、OBJ
SOLIDWORKSIGES、STEP、Parasolid、ACIS、STL、NX、Creo、Inventor、 Solid Edge、Rhinoceros
spGateCATIA、NX、Creo、ALIAS、spScan、Rhinoceros、IGES、STEP、CFIO、Parasolid、ACIS、STL、OBJ

標準対応しているデータ種類 (2020年4月1日 現在)

多くのCAD/CAMで標準搭載されている中間ファイル

IGESとは、Initial Graphics Exchange Specification の略で、異なるCAD間において図形・図面データを授受するための中間フォーマットを意味します。

1981年にANSI(American National Standard Institute)の規格として承認され、1996年の IGES 5.3をもって最終版となりました。現在では、ほとんどのCAD/CAMシステムにおいて、標準搭載されています。

spGateでは、一般的なIGESフォーマットだけでなく、JAMA(日本自動車工業会)で策定したサブセット標準のJAMA-ISフォーマットにも対応しています。

IGESで曲面群を渡す場合には、大きく下記の3種類の方法があります。

  1. IGES Entity Number = 143 (Bounded Surface)
  2. IGES Entity Number = 144 (Trimmed Surface)
  3. IGES Entity Number = 186 (Manifold Solid B-Rep Object)

spGateでは、これら全ての種類の取り込みに対応しており、出力時に選択して指定することもできます。

ただし、CADシステムによっては、「Trimmed Surface」には対応していても「Manifold Solid B-Rep Object」には対応していないということもあります。その場合、面が欠落したり、トリム解除されて元面で取り込まれてしまうというトラブルが発生してしまいます。

このような場合には、spGateを用いて、IGES(Manifold Solid B-Rep Object)を読み込み、IGES(Trimmed Surface)に変換するといった使い方もあります。

IGESはあらゆるCAD/CAMで出力できますが、システムの仕様により微妙な違いがあります。そのため、いかに数多くのIGESに対応して、日々ブラッシュアップしているかが重要になります。

AliasAltDesignerCADCEUSCaelum XXen
CAM-TOOLCATIACimatronECreo
DESIGN SPINNAKERFRESDAMiCAD MXiCAD SX
I-DEASInventorIronCADMechanical Desktop
MicroStationNXOneSpace DesignerPowerShape
Pro/ENGINEERRhinocerosSolid EdgesolidThinking
SOLIDWORKSSpace-E thinkdesignTOOLS
TOP SolidVISI-CADΦSTATION

spGateにおけるIGES読み込み実績

tag : データ変換

CATEGORY

TAG