HOME > spGate > STLデータをCADで触りたい(音響・映像機器メーカーA社様)

活用例

STLデータをCADで触りたい(音響・映像機器メーカーA社様)

STL (Stereolithography) データとは、3Dプリンター等で使用される細かな三角形群のデータです。STLデータを作成する方法にはいくつかあります。

  • 非接触測定機や3Dスキャナーで測定
  • CAEソフトで解析した結果のデータを出力
  • CAMソフトで加工シミュレーションを実施して残ったワークを出力
  • CADモデルデータをCADシステムで出力

これらのさまざまな方法で作成されたSTLデータを受け取って、困ったことはありませんか?

STLデータを見る方法

取引先から入手したSTLデータを目で見て確認するには、下記の方法があります。

  • STLビューアーソフトやSTL編集ソフトで確認する
  • CAD/CAMシステムでインポートする(一部のCAD/CAMシステムはSTLデータはオプションのため、STL-Readerを購入していないと読み込めない場合があります。)
  • リバースエンジニアリングソフトでインポートする

STLデータを触る方法

一般的にSTLデータを触る主目的は、STLデータから曲面を作成(リバースエンジニアリング)することにあります。しかし、リバースエンジニアリングソフトは比較的高価なので、リバース業務がある程度多くないと、コスト的にシステム導入に踏み切るのは難しいかもしれません。

また、CADシステムはSTLをインポートしても、見るだけで触ることはできません。

spGateがあれば、STLデータをIGESデータに変換できますので、お持ちのCADシステムにIGESデータをインポートして、三角形の辺や端点を触ることが可能です。使い慣れたCADシステムで、任意の断面形状を作成したり、輪郭線を自分で作成し、通常のモデリング作業を行います。

もちろんリバースエンジニアリング専用ソフトの方が、圧倒的にモデリング操作は簡単です。(例:spScan)

spGateは、リバース業務が年に数回しかない状況など、リバースソフト導入前の暫定対応として利用できます。

tag : データ変換 STL

CATEGORY

TAG