HOME > spGate > STLデータをCADで触りたい(音響・映像機器メーカーA社様)

活用例

STLデータをCADで触りたい(音響・映像機器メーカーA社様)

STL (Stereolithography) データとは、3Dプリンター等で使用される細かな三角形群のデータです。STLデータを作成する方法にはいくつかあります。

  • 非接触測定機や3Dスキャナーで測定
  • CAEソフトで解析した結果のデータを出力
  • CAMソフトで加工シミュレーションを実施して残ったワークを出力
  • CADモデルデータをCADシステムで出力

これらのさまざまな方法で作成されたSTLデータを受け取って、困ったことはありませんか?

STLデータを見る方法

取引先から入手したSTLデータを目で見て確認するには、下記の方法があります。

  • STLビューアーソフトやSTL編集ソフトで確認する
  • CAD/CAMシステムでインポートする(一部のCAD/CAMシステムはSTLデータはオプションのため、STL-Readerを購入していないと読み込めない場合があります。)
  • リバースエンジニアリングソフトでインポートする

STLデータを触る方法

一般的にSTLデータを触る主目的は、STLデータから曲面を作成(リバースエンジニアリング)することにあります。しかし、リバースエンジニアリングソフトは比較的高価なので、リバース業務がある程度多くないと、コスト的にシステム導入に踏み切るのは難しいかもしれません。

また、CADシステムはSTLをインポートしても、見るだけで触ることはできません。

spGateがあれば、STLデータをIGESデータに変換できますので、お持ちのCADシステムにIGESデータをインポートして、三角形の辺や端点を触ることが可能です。使い慣れたCADシステムで、任意の断面形状を作成したり、輪郭線を自分で作成し、通常のモデリング作業を行います。

もちろんリバースエンジニアリング専用ソフトの方が、圧倒的にモデリング操作は簡単です。(例:spScan)

spGateは、リバース業務が年に数回しかない状況など、リバースソフト導入前の暫定対応として利用できます。

STLデータの編集方法

STLは三角形群(以下ポリゴン)のデータです。リアルな形状を表現しようとして異常に細かいポリゴンにしてしまうと、1TBを超えてしまうこともありえます。また、非接触測定機や3Dスキャナーで作成したSTLデータの場合には、細かい凹凸が発生することもあります。このように、STLデータの使用目的によっては、入手したSTLデータをそのまま使用できないことも少なくありません。ここでは、spGateにおける主なSTL編集方法に関して見てみましょう。

間引き:ポリゴン数を減らす

スムージング:ポリゴンの凹凸をスムーズに均します

穴埋め:ポリゴンの穴(赤色の輪郭)を埋めます

細分化:ポリゴンを分割してポリゴン数を増やします

部分削除:選択したポリゴンを削除します

ブリッジ作成:離れた2本のエッジ間にポリゴンを作成(橋渡し)します

カット:ポリゴンを曲面データで分割します

tag : データ変換 STL