HOME > spGate > CADデータを取り込んで面分割されないようにしたい(ダイカスト金型メーカーG社様)

活用例

CADデータを取り込んで面分割されないようにしたい(ダイカスト金型メーカーG社様)

面データをCADに取り込むと、不必要に面分割されてしまう場合があります。
しかし、オリジナルの面データは、そもそも面分割されていないケースが多いのです。

CADデータを取り込むと、なぜ面分割されてしまうのか?

一般的に曲面は複数のパッチで構成されています。
CATIAをはじめとする市販のCADシステムは、面のパッチ境界を「折れている」と判断すると、CADデータ読み込み時に強制分割してしまいます。

しかし、オペレータは「なぜ面分割されているのだろう?」と思うだけで、仕方なくそのままCADデータを利用していることが少なくありません。

分割の可能性がある曲面を検出する

面のパッチ境界を「折れている」と厳しく判断するCADの一つとしてCATIAがあります。
spGateでは、CATIAの不具合チェック項目に「分割可能性のある曲面」という項目を用意しています。
このチェック項目はPDQガイドラインにはありませんが、spGateで独自に用意したチェック項目です。

このチェック項目が検出された場合、自動ヒーリングを行うことにより、指定トレランス以内で曲面近似を行います。
その結果、多くの面はCATIAで読み込んでも強制分割されずに済みます。

tag : データ修正

CATEGORY

TAG