HOME > spGate > アセンブリ構造をRhinoの階層レイヤーに変換したい(建設機械メーカーF社様)

活用例

アセンブリ構造をRhinoの階層レイヤーに変換したい(建設機械メーカーF社様)

取引先から入手したアセンブリモデルをそのまま単純に曲面を取り込んでも、受け取ったCADシステムでの操作性は良くありません。

各種CADシステムのアセンブリモデルを、階層付きレイヤーに自動変換することで、Rhino上での操作性は大幅にアップします。

アセンブリモデルをインポートする2つの方法

CATIAやNXなど、主要なソリッドCADシステムにはアセンブリ構造があります。そのアセンブリモデルをspGateにインポートする場合、大きく2つの方法があります。

  1. アセンブリモデルをアセンブリ構造でインポートする
  2. アセンブリモデルをフラット構造でインポートする

主要なグループ単位で、Rhino以外のCADに出力させたい場合には、以下の手順で操作します。

  1. アセンブリ構造を保持してインポートする
  2. 出力オプションでコンポーネント単位出力を選択する
  3. ファイルをエクスポートする

階層レイヤー(疑似アセンブリ)

使用しているCADシステムがアセンブリ構造に対応している場合には、通常アセンブリ構造のままCADデータを渡します。

しかし、階層レイヤー等の疑似的なアセンブリ機能を使用している場合には、元CADのアセンブリ情報を、うまく階層レイヤー情報に変換する必要があります。

普段使い慣れているレイヤーなら、アセンブリのパーツ名やサブアセンブリ名をキーにして表示制御が可能になります。それにより、Rhinoでのモデリング操作も大幅に作業効率が上がります。

tag : データ変換

CATEGORY

TAG