HOME > spScan > 金型の手仕上げ加工を設計へフィードバック(金型コピー)

活用例

金型の手仕上げ加工を設計へフィードバック(金型コピー)

コピー金型、スペアパーツの製作にspScanリバースエンジニアリングを活用した例をご紹介します。

コピー金型製作の課題

プレス金型製作では、CADで設計した金型形状を使ってプレスした製品の精度を確認しています。プレス製品形状が要求された精度になるまで、金型形状の修正が必要になります。

①金型を製作する、②製品をプレスする、③プレス製品の精度を確認するという工程において、製品精度が悪かった場合、再度、金型修正に戻ることになります。このようなトライ&エラー(手戻り)を数回繰り返し、精度が良いプレス製品を生産できる金型にします。

通常はCADで形状を修正すべきですが、金型製作現場の担当者の長年の経験で、金型形状を手作業で変更することがあります。その場合、金型CADデータへ手仕上げ形状が反映されていませんでした。

一番型の手仕上げ部の形状が金型CADデータに反映されていないため、海外への生産設備の展開や予備パーツの準備などで、一番型と同じ金型(二番型)を複数製作することになった場合、二番型の作成時でも一番型と同様に、手作業による金型修正を行わなければなりません。

リバースエンジニアリングで手仕上げ形状の金型CADへ反映

手仕上げされた金型形状を非接触測定機で測定し、手仕上げ形状の点群からCADを作成するリバースエンジニアリング技術を適用し、金型CAD面に手仕上げ形状を反映します。

金型CADと手仕上げ金型測定データを比較し、手仕上げ部のみのCAD面を作りかえる際、spScanの「部分リバース」機能を適用し、リバース工数の削減対策も実施しました。

プレス金型の二番型製作コストの削減

  • 良い製品が生産出来る一番型の形状を反映し、二番型製作時の手戻り回数を削減しました。
    手戻り回数:6回→2回
  • 二番型の製作コストが削減されました。
    設計、加工、トライアル、検査、などのTotal工数を65 %削減

プレス用途に適したリバース面の製作が可能

  • 曲面と曲面の交線作成(角だし)が可能
    トリム金型の切刃部の3Dプロファイルデータの作成へ適用が可能です。
  • プレス加工方向に対し、陰にならない曲面の作成が可能
    トリム金型の切刃部にプレス加工方向に押出しをした曲面の作成が可能です。

tag : コピー金型