HOME > spScan > 老朽した金型を復元する

活用例

老朽した金型を復元する

長年使用している老朽金型の復元、製作にspScanリバースエンジニアリングを活用した例をご紹介します。

2D図面しかない製品の3D化

長期間、同一部品の生産で使用しているプレス金型の場合、2D設計の金型図面はあっても、3DCADで金型設計されていないため、現在の金型の3DCADデータがありません。

部品の設計変更や、金型の補修などの理由で、現在のCAD、CAE、CAMを使用しようとすると、現物の金型形状の3DCADデータ化が必要になります。

CADシステムによるリバースエンジニアリングの課題

現在の金型を非接触測定機で測定したデータを3DCADに取り込んで、金型形状のCAD面化(リバースエンジニアリング)をしていましたが、以下の課題がありました。

  1. 測定データ(点群データ)の量が多く、すべての点群をCADに取り込めない場合がある。点群データを間引き、分割、または点群データから断面線を作成などの前処理をしてからCADへ取り込む必要がある。
  2. CADによる曲面作成の工数がかかる。
  3. CADで作成した金型形状と実際の測定データとの誤差の保証が困難。

リバースエンジニアリングに特化した機能で、CAD面化工数を1/5に削減

「spScan」は、リバースエンジニアリング専用のソフトウェアです。

現在使用している金型を測定した非接触測定データを活用し、点群データとの誤差を確認しながらCAD面化することで、現物に忠実にリバースモデリングが行えます。

リバースエンジニアリングに特化した機能により、リバース工数を大幅に低減しました。(CAD面化工数を1/5に削減)

また、リバースデータを利用することで、老朽金型を復元した新しい金型を製作し、現行品の量産に支障がない状態を準備できました。

tag : 老朽金型の復元